書き方に注意!文字数の多いペナントリボンの筆耕依頼

ペナントリボンのご依頼は時々いただきますが、比較的オーソドックスな物ばかりです。しかし、今回のペナントリボンは初めてのパターンでした。文字数が多くて、2行書きで、書き方に工夫が必要でした。

ご依頼を頂いた時に、「口では説明が難しい」と書かれていたので、できるだけ多くの資料を送っていただきました。過去のペナントリボンの写真とか、現物も送っていただきました。

過去のペナントリボンの写真を見ながらレイアウトを考えていきます。
過去のペナントリボンの写真を見ながらレイアウトを考えていきます。
ペナントリボンのコピーをとって、とにかくレイアウトの線を引こう。
ペナントリボンのコピーをとって、とにかくレイアウトの線を引こう。
今回は3本のペナントリボンのご依頼を頂きました。3本ともに何となく共通するようにレイアウトしてみます。
今回は3本のペナントリボンのご依頼を頂きました。3本ともに何となく共通するようにレイアウトしてみます。
ペナントリボンもトレーサーにトレースして書いていきます。
ペナントリボンもトレーサーにトレースして書いていきます。
ペナントリボン1本書くのに1時間弱掛かってしまった。
ペナントリボン1本書くのに1時間弱掛かってしまった。
ペナントリボンのご依頼品の完成。右の2本は見本で送っていただいた過去のペナントリボン
ペナントリボンのご依頼品の完成。右の2本は見本で送っていただいた過去のペナントリボン

今回は本当に時間が掛かりました。布地の場合って、超スローで書かないとカスレてしまうんですよね。あと、太さがどうしても出ない。正直出来上がりも細いです。かと言って重ね塗りしちゃうと絶対におかしなことになるので、仕方がありません。でもまあ、何とか仕上げることができました。

ご依頼主様には、明日発送いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください