中字で楷・行・草書を綺麗に書く方法!毛筆書写検定1級 第一問攻略

毛筆書写検定1級の学習では、第一問の五文字三体(楷書・行書・草書)に最も時間を割いていました。理由は『中字に慣れていない』『三体(楷書・行書・草書)全ての勉強になる』。ここでは、ズバリ中字で楷書行書草書を綺麗に書く方法をご紹介します。

第一問に使った筆は長栄堂さんの【コリンスキーイタチ・6号】です。半紙に15文字書くので、文字の大きさや太さを想定して筆選びをして下さい。

書く順番を決める

まず初めに書く順番を決めておきましょう。

「縦書きの文字は右の行から書くものだ」と思っていませんか?僕は普段から賞状を書くので気にしていませんでしたが、この固定概念を持っている人は多いようです。※賞状は左の行から書く

書く順番はどこからでも構いません。「縦書きの文字は右の行から書くものだ」という考えは取っ払いましょう。

楷書・行書・草書の書く順番|毛筆書写検定1級 第一問攻略

楷書・行書・草書の書く順番|毛筆書写検定1級 第一問攻略

さあ、どこから書きましょうか?これは個々の考え方になるので、しっかり固めておいてください。

僕の場合、最初は【行書】⇒【草書】⇒【楷書】の順番でした。センターをはっきり決めてしまいたかったからというのが理由です。

慣れてきたころに、【草書】⇒【行書】⇒【楷書】に変しました。理由は簡単で、右手で汚さないため、そして左に書いた文字を見ながら書けるためバランスをとる事ができるからです。

【楷書】から書くと、右手で汚しそうですし、右手で書いた文字を隠すことになるので、バランスも取りにくくなります。そのため、【楷書】から書くことだけはあり得ませんでした。

配置を決める

書く前に配置をしっかりと決めておきます。また字粒の大きさもイメージしておきましょう。普段の練習で字粒がそろうようにしておきます。

まずはセンターを決めます|毛筆書写検定1級 第一問攻略

まずはセンターを決めます|毛筆書写検定1級 第一問攻略

センターは絶対に決まっているので、まずは場所をしっかり確認します。

15文字の配置を決めます|毛筆書写検定1級 第一問攻略

15文字の配置を決めます|毛筆書写検定1級 第一問攻略

センターを基準に15文字の配置を意識します。これは頭の中で行うので大変なのですが、やるとやらないでは全く結果が変わってきます。

墨場必携で対策

すでに勉強されている方ならご存知でしょうが、あとはひたすら墨場必携で練習します。

練習する際は漠然と行うのではなく、ゆっくりじっくり1文字毎に集中して書く方が効率的です。これは普段から実感していることですが、スピード重視よりも丁寧さ重視の方が上達が早いです。

墨場必携五文字三体121枚を書き上げました

墨場必携五文字三体121枚を書き上げました

僕が書写検定の勉強をしているときに最も欲しかったのがお手本です。どのくらいの字粒で?どのくらいの太さで?どんな配置なのか?実際に見てみたかったのです。

そして、講習会で先生が書かれた作例を見て「思っていたよりもかなり小粒だ!」とショックを受けたことがありました。そこからはかなり修正を加えることになります。

そこで、これから試験を受ける人の為に墨場必携の作例集を作りました。墨場必携の中でも出題傾向が高いであろう厳選121句です。

ダウンロード版なのでスマホ・タブレット・パソコンですぐに見ることができます。また、印刷する環境があれば原寸大でご利用いただけます。

原寸大のお手本として|毛筆書写検定1級 第一問攻略

原寸大のお手本として|毛筆書写検定1級 第一問攻略

僕は書道教室などを持っていないので、お手本を提供する場がありません。※今後も予定なし。しかし、知識の還元や技術の継承は責務だと思っています。だからこそ作った教材です。

毛筆書写検定1級 第一問対策【墨場必携五文字三体作例集】

毛筆書写検定1級 第一問対策【墨場必携五文字三体作例集】

【墨場必携五文字三体作例集】の詳細はこちら

こうして教材として提供することで、皆様の学習の一助になれば幸いです。

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ


筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べてみてください。

がくぶん賞状書士講座の資料請求

ユーキャンの賞状書法講座の資料請求

たのまな賞状技法士講座の資料請求

『ペン字・筆ペン』の通信講座をお考えの方へ


『美文字』や『大人らしい字』に憧れるならヒューマンアカデミーたのまな(アテネ教育出版)の講座をおススメします。何故なら僕の先生が先生だから!

>>>DVD付『新・実用ボールペン字講座』無料資料請求
>>>DVD付 速習実用筆ペン講座(添削無) ※6回の学習サポートメール付 無料資料請求

書写検定対策オリジナル教材


平成29年に硬筆書写検定1級、平成30年に毛筆書写検定1級にそれぞれ合格できました。試験対策しているときに思ったのが『こんな教材があったらいいのに…』です。そこで、自分の経験を踏まえオリジナル教材を作っています。是非ご活用ください。

書写技能検定テキスト&攻略法

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください