横書き封筒の宛名の書き方【会社名】が入った場合

毛筆や筆ペンで封筒の宛名を書く場合、
理路整然と書かないとゴチャゴチャになります。

今回は、横書き封筒の宛名の書き方の中でも複雑な
会社名や部署名が入った場合をご紹介します。

文字の大きさ

名前>会社名>住所>郵便番号

肩書は会社名と同じくらい
前株などは会社名より一回り小さく
後株は会社名と同じ大きさ

大前提として文字の大きさですが、
上記のようになります。

住所が2行になった場合でも、
2行ともに同じ大きさにします。

住所1行・会社名・肩書
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所1行・会社名・肩書』
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所1行・会社名・肩書』

まず、【肩書+名前】上下左右の中心

書き出し位置は、
郵便番号⇒住所⇒会社名と1文字程度右にずらしています。

住所と肩書の書き出し位置は基本同じです。
名前だの場合も同じで大丈夫です。

住所1行・会社名・部署名・肩書
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所1行・会社名・部署名・肩書』
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所1行・会社名・部署名・肩書』

部署名が入った場合、
書き出し位置は会社名より若干右
文字の大きさは会社名と同じにします。

住所と会社を差別化するために、
郵便番号と住所、会社名と部署名の各スペースより

住所と会社名の間のスペースを広くしています。
1~2㎜程度ですが、結構効果あります。

住所2行・会社名・部署名・肩書
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所2行・会社名・部署名・肩書』
※横書き封筒のあて名書きの書き方『住所2行・会社名・部署名・肩書』

住所が2行の場合、
書き出し位置は揃え、文字の大きさも揃えます。

理由は簡単で、
会社名があるのでゴチャゴチャしないためです。

しかし、会社名が無い場合も同じように書いています。

書き出し位置を変えたり、
マンション名を小さく書いたりすると紹介する
教材もありますが、これは考え方の違いです。

複雑な宛名書き

複雑な宛名書きの場合、
しっかりレイアウトしてトレース台(ライトテーブル)を
使わないとなかなか難しいです。

手書き・毛筆・複雑な宛名

以上が揃ってしまったのなら、
我々プロ筆耕士にお任せください。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください