賞状や卒業証書の名前入れや封筒の宛名書きなどの場合、お客様から当方に筆耕物となる用紙を送っていただく必要があります。宅配便(宅急便・ゆうパック)で発送する際のコンビ二や営業所の受付、梱包について、イレギュラーについての注意点をご紹介します。

 

宅急便・ゆうパックの発送の注意点〜賞状・卒業証書・封筒など

 

お客様から筆耕コムまで、筆耕物となる用紙を送っていただく際に、時々頂くご連絡です。

 

「コンビニで、明日着は間に合わないと言われた。」

 

コンビニで荷物の発送をする際は受付時間が決められています。また、荷物はコンビニだけでなく、各配送会社の営業所でも受け付けてくれます。

 

そこで、参考までに発送(宅急便・ゆうパック)の注意点を記します。

 

発送の受付時間に注意

 

コンビニの場合

 

『宅急便』や『ゆうパック』はコンビニで受け付けてくれますが、受付終了時間に注意が必要です。

 

宅急便・ゆうパックの発送の注意点〜賞状・卒業証書・封筒など

 

基本的にその日の受け付けは16:00までで、16:00を過ぎると翌日扱いとなります。つまり、16:00までの受付なら翌日に宅配する事が可能、16:00を過ぎると翌々日の宅配となります。
※店舗や宅配業者の集荷時間にもよる。

 

宅配営業所の場合

 

各運送会社の営業所はコンビニよりも遅くまで受け付けてくれます。

 

郵便局は、小さな郵便局は17:00までで、土日もお休みの場合が多いですが、大きな郵便局であれば、もう少し遅い時間や土日も受け付けてくれます。※郵便局のホームページで調べられます。

 

宅急便のヤマト運輸の営業所は、基本的に18:00までで、年中無休で受け付けてくれます。営業所によってはもっと遅い時間まで受け付けてくれます。※ヤマト運輸のホームページで調べられます。

 

天候などのイレギュラー

 

『宅急便』や『ゆうパック』は近県であれば、基本的に発送してから翌日到着します。離れた地域でも翌々日には到着します。(離島・一部地域を除く)しかし、大雪や台風などの天候によっては配送日が遅れる事があるので注意が必要です。

 

発送から到着までの時間を調べて、可能であれば1〜2日の余裕を持つことをお勧めします。筆耕コムでは予定よりも早く筆耕物が届いても何ら問題はありません。

 

お荷物の梱包に注意

 

筆耕物の梱包には十分に注意してください。特に100枚〜200枚の卒業証書は到着した時に角が潰れていることは珍しくありません。角が潰れているということは用紙が折れ曲がっているということです。

 

梱包はどんなに厳重にやっても、やりすぎということはありません。荷物を落とされても大丈夫なくらい厳重に梱包することをお勧めします。

 

宅急便・ゆうパックの発送の注意点〜賞状・卒業証書・封筒など

 

納品時の事故の体験談

 

自分の体験談をすると、納品の賞状を折られたり破かれたことが3回あります。梱包は厳重に厳重を重ね、どんなに乱暴な扱いをされても大丈夫なようにしてありました。

 

余程の事が無ければ損傷しないはずなのですが、やられてしまいました。この場合は宅配便の方で弁償してくれます。

 

これはヤマト運輸であれ郵便局であれ同じです。人間が取り扱うことなので100%はありません。現在は「100回に1回はやられる」と開き直って発送しています。

 

品名の明記とシール

 

発送の伝票には品名を必ず記載してください。また、コンビニでも営業所でも『取り扱い注意』『角折れ厳禁』『水濡れ厳禁』などのシールを貼ってくれるので、2〜3枚貼るようにしてください。

 

100%は無いと言いましたが、これらの対策をすると100%に限りなく近くなります。過度な期待はしないで、しっかり対策することをお願いいたします。

トップへ戻る