熨斗袋の書き方~会社名・役職名が入った場合

祝儀袋や不祝儀袋、日本では様々なシーンで熨斗袋を書く機会が多いですよね。筆ペンを学びたい人の多くが熨斗袋をきれいに書く事を理由に挙げたりしています。

熨斗袋は表題と名前だけなら難しくありませんが、会社名や役職名が入ると、書き方に迷ってしまう事があります。そこで、会社名と役職名が入った場合の書き方の例をご紹介します。

160407001

名前は全体の中心に来ます。役職は名前の真上で、大きさは名前よりもやや小さく。会社名は名前の右側に、文字の大きさは役職と同等か、やや大きめに書きます。

160407001b

本当は、会社名の書き出しを役職よりも上にしたいのですが、スペース的な問題で妥協しても仕方が無いでしょう。ただし、書き終りは名前よりも上になるようにします。お試し下さい♪

おわり

『賞状』の通信講座をお考えの方へ

筆耕のお仕事に興味がって、賞状の通信講座を考えている方におすすめしたいのが、僕が学んだ『賞状技法士』です。しかし、書風に強い特徴を持っているので、他の大手と資料を見比べて選択して下さい。


>>>賞状講座について

 

ご質問大歓迎

美文字の事・実用書道の事・筆耕のお仕事の事など、コメント欄へのご質問大歓迎!初歩的な事からハイレベルな事まで、僕の分かる範囲でお答えします。

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください